自己破産は背負ってる借金を放棄できる代わりに預金や自動車等を手放すペナルティーもある!

自己破産は抱えている全ての借金返済を放棄できる究極の債務整理法ですが、それとは引き換えに20万円以上の所有資産は債権者宛に明け渡す義務も同時に発生します。破産宣告後の財産差し押さえで一番多いのは不動産や貴金属、自動車等で、複数の銀行口座に残ってる預貯金も勿論没収対象になります。

但し日常生活に必要な家電や衣服、家具類は手元に残す事ができますし、今後の生活再建に必要な現金は99万円以内までなら自分で維持する事は認められています。ただ自己破産したからと言って、国に支払う義務がある国民年金や健康保険などの税金も免責対象になるという知識は大きな間違いです。

各種税金や車のスピード違反を起こした時の罰金、離婚調停裁判で決定した子供の教育費などは非免責事項のうちに数えられるので、破産宣告後も自ら稼いだお金で納める義務が強いられます。ちなみに破産宣告後約7~10年はブラックリストに個人が起こした金融事故として記録http://xn--q9js0oqethkbydc2250fftvb5m3e0dn.xyz/が残るので、銀行や消費者金融で新たなローン借入する事は許可されません。

しかし就職する事は一部の職種以外で認められてるので、将来大きな出費を余儀なくされる予定がある人は、地道に貯金しながら定収入を稼げる仕事を早めに見つけるのが望ましいです。

 

資金調達の方法

企業経営は、ビジネススキームを鍛錬させることも重要ですが、キャッシュフローコントロールを確実に行っていくことが企業経営を安定させる一つの要因です。キャッシュフローコントロールを間違えると企業経営は簡単に破たんすることも珍しくありません。
一発のミスが、企業破たん=社員の生活をも脅かすこともあるのです。

そのキャッシュフローをコントロールする一つとして資金調達も大事な要素です。なぜなら、新しい事業を開始するために手元の資金だけで簡潔できればよいですが、やはり新規事業には開発研究費など資金が必要になります。

しかし、事業ローンの打診をしても借入上限金額が目標以上の金額にならない場合、企業のキャッシュフローが回らず経営破たんなんかにもなりかねません。こんなとき、一つの資金調達の手法としてファクタリングなどを検討することも重要です。ファクタリングとは、保有する売掛債権を現金化する金融手法の一つで、売掛債権が散在的にもつリスクを他にスライド、つまり転嫁させる効果もあります。

このように、資金調達にもさまざまな手法があるのです。